ギター初心者(V系)でも早く弾けるようになった練習と耳コピ方法を紹介!

40e8bf33a0ed49df718f8b8d4e3064c0_s

どうも!
ギターの記事第二弾です!
前回はV系のギターについていろいろ語りました。
というか私がビジュアル系好きなのもあってそっちの系統ばかり練習しているんですよね。笑
今回もv系についての話が混ざると思います。
でも他のジャンルでもこの練習をしていただけたら早く弾けるようになると思います!
というのもV系って結構初心者には難しめな曲が多くて…
ですのでその分難しい曲を一曲仕上げることでいろんなテクニックが身につくわけですね!

そこで今回は私が早く弾けるようになった方法を紹介していきたいと思います。
ちょっと話が脱線してしまいますが、速く弾ける(すごいスピードで指を動かすアレ)方法を求めてこのサイトに来た方、もしくは初心者の方が上達を早くしたいという方がこのサイトに来たのではないかと思います。

というわけでどっちも紹介していきたいと思います。

まあ結局このサイトで言ってることも手を動かさないと結局上達しないのでまずはギターを持つところから始めてくださいね!笑

あ、あと耳コピと速引きする際に便利なアプリも紹介いたします!

これは上級者にも耳寄りな情報だと思いますので是非見ていってくださいね!
スポンサードリンク



初心者が早く弾けるためには?

7f418be16ff229275d0670150ea529e0_s

まあなんやかんやで結局は練習することなんですよね笑
でも効率の悪いというか、いくら練習しても手がもつれたり、思ったように動かなくて嫌になってギターをやめちゃうといった方も多いと思います。
それはもったいないな〜って感じましたのでこの記事をまとめてるわけなんですけど。

本題です。

まずは大まかな説明をします。
早く弾けるようになるにはゆっくり手を動かして体に動きを染み込ませることが重要なんです。
複雑な動きでも何十秒かかけたらちゃんと押したいところを押さえられますよね?
それをひたすら繰り返すのです。
単音で弾く場合は指一本一本ゆっくり動かしてまず流れを覚えることで体がその動きを覚えてどんどん早く弾けるようになるんですね。
ここでいう流れというのは次はどこを押すのかということを頭で考えるのではなく感覚で流れるように弦を押すということです。

では具体的な練習方法です。

まずはあとで紹介するアプリの一つを起動します。
このアプリはyoutubeの動画をスロー再生できるアプリなんです。

このアプリで弾きたい曲を選択し、スロー再生して練習するんです。

でも最初はこれでも弾けないと思います。

なので最初はtab譜をみて自分が弾けるスピードで弾きます。
この時テンポとかそういったことは気にしないでいいです。
よくメトロノーム使ってやらないと意味ないとか言いますけど、ぶっちゃけ初心者がそんなことしたところで混乱するのがオチです。
ですので自分が弾けるペースで弾きます。

そしてある程度弾き方を理解したら曲をスロー再生で流して自分が弾けるスピードまで落とします。
そしてどんどんスピードを早くしていくといつの間にか速く弾けるようになっています!

つまりなにが言いたいかというと結局のとこ慣れなんですよ。
仕事やバイトだって最初はマニュアル見ながら手順通りに行動していきますよね?
そしてやっているうちに次はこれだとか先のことを考えながら行動できますよね?
そのうち感覚で慣れて考えなくても行動できるようになります。

これがギターにとってはとても重要で、速く弾きたいなら次にくる音をすぐにおさえられるようにならなければなりません。

なのでまずは譜面(マニュアル)でどこを抑えるか(手順)を確認しながら弾いて(仕事する)いきます。

これに慣れるとなにも見ずにやれますのでそうなったらもうこっちのものですね。

この方法あんまり推奨されませんが、私はこの方法で指が動くようになりました。
スポンサードリンク



youtubeの動画をスローで再生(耳コピ)

714559f6f6d67bd3d2f85e71ed1af206_s

私がオススメするスピード調整アプリはspeedtubeです!

このアプリスロー再生だけでなく早く再生することもできるんです。

使い方としてはまずはスピード調整を0.5位に調整してゆっくりひいていきます。
それを区間リピートができるので何度もなんとも引きなおします。
するとどこを次に押すのかということが体に染み付いてくるんです。
なお、耳コピの場合は何度も聞いて近い音を試していくことでコピーしやすくなります。
音感も養われるのでオススメです。
次はどこだとか考えるよりも先に指が動くといったほうがわかりやすいかもしれませんね。

慣れてきたら次は0.6、次は0.7…と続けていきます。
1.0で原曲の速さなのでそこまでやれば十分です。
なのですが!
ここで原曲の速さで実際に流れて弾いてみると手がうまく動きません!
もつれてしまいます!
少なくとも私は最初そうでした。
これを解消するために1.2〜1.3くらいまで引き上げて練習するようにしました。
すると原曲を弾いてみると余裕を持って手が動くようになります。
私はライブで緊張してしまうし手汗がやばくてとにかく動かないんです。
最初は原曲で練習していたのでミスがかなり目立ちました。
しかし早めに設定して弾けるようにすると失敗もあまりせずに弾けるようになりましたね。
ですのでちょっと早めに設定して練習することをおすすめします!
スポンサードリンク