頭文字D8の走り方を解説!初心者向けかも?

どうもこんばんわ!
のりたまです!

今日は友達とゲームセンターに行ってきました!

友達がUFOキャッチャーが得意で、景品をいくつもGETしていて驚きました!

そして定番のマリオカートもやりましたが、一位を取ることができて嬉しかったです。

実は私、ドライビングゲームがとても好きでして、特に中学の頃が一番やっていました!

さすがに大学生になってからはあまりやらなくなりましたが、、、

その中でも面白いのが湾岸ミッドナイトというゲームと、頭文字Dというアーケードゲームです。

湾岸ミッドナイトというゲームは首都高などの高速道路をメインに走るゲームでして、このゲームの難しいところはコーナーで壁ギリギリまで寄せて出口の壁ギリギリまで寄せて抜けていくという精密さが要求されるゲームです。

頭文字Dは、やはりこちらも同じことが言えるのですが、こちらにはペナルティといったものがありまして、奥が深いゲームとなっております。

例えばコーナー(カーブ)を曲がる際にグリップ走行(ハンドルを回すだけ)で曲がってしまうと、最後のほうの加速やスクロールが遅くなってしまいます。

これを防止するにはどうすれば良いかといいますと、ドリフトをすることなんですね。

このゲームでのドリフトの仕方を初心者向けに解説いたします。

まず直線でアクセルを踏んだ状態になっていますよね?

そしてカーブがみえてきます。

カーブ手前でアクセルを踏んだままブレーキを踏み続けます。

スポンサード リンク




ブレーキを踏み続けたままアクセルを離す→踏む→ハンドルを回しながらアクセルを離す→踏む→離す→踏む→ブレーキを離す

次に曲がる方向と逆にハンドルを回します。(例えば右曲がりのカーブなら左に回す。)

これで簡単にドリフトができます。

難しいように見えるかもしれませんが以外と簡単です。

わからない人はyoutubeの動画や、実際にやっている人の足の動きを見ることをおすすめします。

youtubeで初心者向けにSEGAの公式アカウントにも動画が載っていますのでそちらを参考にしながらぜひこのブログに載っていることを実践してみてください!

ちなみに私は頭文字D3からやっております。

まだまだ説明不足なところもありますが、初心者向けにということでこれくらいで良いかと思いました。

また気が向いたら詳しく説明するかもしれません。

では今日はこのあたりで。