太宰府天満宮でのランチ、アクセス方法紹介!梅の状態も見てきました!

どうものりたまです!

今回は自分なりの太宰府天満宮の歩き方を紹介していきたいと思います。

修学旅行などで太宰府天満宮のおいしい食べ物が知りたい方や、歩き方の参考になればと思います。

私は太宰府天満宮まで車で行きますので、まず駐車場探しから始めますが、いつもこれと言ってどこにとめるというわけでもなくテキトーに安そうなところにとめています。

大体500円くらいですね。

アクセス方法は、博多駅からなら、バスで西鉄福岡駅(天神)にいきます。

そして、西鉄の電車に乗り、二日市駅まで行きます。

西鉄福岡駅から乗る電車は西鉄福岡が終点ですので、どの電車に乗っても構いませんが、特急があれば特急、急行があれば急行に乗った方が早く着きます。

ちなみに西鉄は特急、急行どちらとも別料金がかからないので、この電車があるなら乗った方がお得です。

二日市駅まで行きますと、太宰府方面の電車に乗り換えがありますので、その電車に乗って向かってください。

次に最初の見どころの紹介をします。

太宰府の見どころとして、まず駅前にある商店街が見所です。

この商店街にはお土産やお餅などの食べ物が売っておます。

まずここで紹介したいのが、梅ヶ枝餅です。

梅ヶ枝餅は一個120円程度で買えます。

あんこが入った餅を焼いたもので、ただ焼いたものではなく、梅のマークが焼き跡として残されています。

出来立てでその場で食べられますので、火傷には注意して下さいね(笑)

そしてもう一つ、「ふくや」というお店が左手にあります。

ここは明太子が売っており、冷凍の明太子のお土産などを買う事が出来るのでオススメです。
スポンサード リンク



そして天満宮外からは時期によっては梅が見られます。

ここが大きな見所ですね!

私も一目見ようと見に行きましたが、予定では2月くらいからみられる予定でしたが、3月10日時点ではまだあまり見られませんでした。

こんな感じでしたが、今から見に行かれる方は梅を見られるといいですね!