向田邦子の飛行機事故の真相は?恋人や経歴を調査してみた!

36e81cfada6a36204d33ba228236aa86_s

向田邦子さんはテレビドラマの脚本作りや小説家として活躍されてきた方です。
あの文学会でも有名な直木賞を受賞していたりとすごい経歴の持ち主なんですね。

ところで今回はそんな向田邦子さんの飛行機事故についてと、恋人について調べていきたいと思います。
スポンサードリンク



飛行機事故について

86b47ea8deb6a5e5825a539dfd447e75_s

向田邦子さんがあわれた事故で有名な事故なのですが、飛行機墜落事故が起きたんです。

事故名は遠東航空103便墜落事故。
事故が発生したのは1981年8月22日です。

事故の原因は金属疲労によって飛行機が空中分解してしまったそうです!
何て恐ろしい!
空中から落ちる時って無重力状態になってとても怖いですよね。
遊園地とかである乗り物に乗っていれば別かもしれませんが落ちる時に失神する人もいるそうです。

この時乗客数は104人、乗員数は6人の計110名がのっていたそうなのですが助かった人はいなかったそうです。

金属疲労に気付けなかったのは当時はまだ技術不足な点があると思いますが、今となってはこんなこと決してあってはなりませんよね。

ちなみに飛行機が飛ぶ原理としてはベルヌーイの定理というものが適用されているみたいです。

金属疲労が起こった原因をちょっと考えてみたのですが、空気抵抗なんかをずっと受け続けて弱っていたこと、着陸する際の振動が大きいこと、金属加工学がいまほど発展していなかったこと、地上と上空の温度差により繰り返し行われる膨張によって金属に負荷が大きくかかっていたのでしょうね。
もちろんこれは今でも言えることですが、空気抵抗に関しては機体の形で大きく変わります。
上空の温度差による膨張は材料の線膨張係数(温度による伸び具合)と金属加工学が今はこの当時よりはるかに発展していること。
こういったことから飛行機墜落事故が当時よりいまの方が少ないと言えるのではないでしょうか?

ちなみに飛行機に乗って墜落する確率は0.009%。
99%以上墜落することはないんですね。
さらにこの数値は技術の進歩から年々減少する傾向にあるので、私たちが心配することはなくてもいいと言えます。

また遺骨はといいますと、きちんと家族に渡されたそうで、慰霊碑に名前も刻まれているそうです。

スポンサードリンク



恋人は?

0987aee209b568e34fb950fc43ed0302_s

向田邦子さんには妹の和子さんがいます。
飛行機事件の後に遺品としてカメラマンに向けた手紙と日記があったそうです。
カメラマンは13歳年上の方で妻もいたそうです。
カメラマンの方が病気(脳卒中)になり、なにもできない状況の中向田邦子さんが毎日世話をしたことでお互いを信頼していったそうです。
カメラマンの男性は毎日の世話、向田邦子さんは仕事疲れの拠り所としてお互い支えあっていきましたが、途中でカメラマンの方はこれ以上迷惑をかけれないということからこの世を去って行きました。
その時に母に渡した遺書に書いてあったことの中にこのようなことが書いてあったそうです。
このことが公開されるまで20年の月日が流れたそうですが、これがあの世に行った人間だからってこういうことを公開していいのかなどとの声が上がったりしたそうです。

ちなみにこの当時は向田邦子さんもすごい多忙だったそうです。

多忙だったにもかかわらずここまで人のために尽くすことはすごいことだなと感動しました。

スポンサードリンク