軍艦島(世界遺産)の行き方は?上陸出来る期間と予約の仕方、見どころも解説!

軍艦島1

軍艦島が「モンタージュ三億円事件奇譚」でロケ地となり話題になっていますね!

軍艦島の三億円事件の元ネタは漫画なんですね。

犯人は白バイ警官の息子、S少年といった議論が展開されるわけなんですけれども...

気になって三億円の行方や少年Sの正体(名前)なんかも調べてしまいました。

福士蒼汰さんが主演ということで女性の方は見たいと思っている人が多いと思います。

あ、そうそう実は私、3月前半に世界遺産に登録された軍艦島に行ってきました!

友達が私の家に泊まり込みで遊びに来るということで急遽長崎に観光に行くというプランを立てて、軍艦島が面白そうでしたので行くことに!

個人でも楽しめそうなプランを考えました!

いろいろ調べたりして分かったことがあったのでまとめようと思いました。

そこで今回は軍艦島の行き方上陸できる期間、そして気になる見どころ予約の仕方も解説します!

春休みの旅行や長崎に修学旅行で行く方の参考にでもなればと思います。
スポンサードリンク



軍艦島(世界遺産)とは?

01a186fd411554b5900c22873c7664e7_s

みなさんは軍艦島を知っていますか?

実は軍艦島っていうのは俗称で、正式名称は端島といいます。

軍艦島って名前が付いたのは、島を横から見た時に軍艦のように見えるということから付いた名前なんだそうです!

私がもらった軍艦島の資料に載っていた写真を見たとき、写真の角度とかを絶妙に調整されてるものを見たのですが、本物の軍艦のように見えてびっくりしました。

ところで、みなさんは軍艦島のどこが世界遺産に登録されたのかご存知でしょうか?

島全体という方や、建物だという様々なことを耳にします。

軍艦島に上陸したらわかるのですが、波止になっている部分に石が積み上げられています。

実はこの積み上げられた石が世界遺産なんです!

今回の世界遺産を決めるにあたって明治時代以前のものにしようという話があったのですが、軍艦島の建物はすべて大正時代に作られたものでした。

ですので登録する理由として、波止に積み上げられている石を取り上げたのですね。

最初この話を聞いた時はびっくりしましたね。

まさかこれが世界遺産なんてと思いましたよ。

もっと大きな建物とかそういったものが世界遺産かと思っていたのですが。

ちなみに私は島全体が世界遺産だと思っていまして、船で周りを一周しているときにたくさん写真を撮っていました!

乗務員の方がここからみた軍艦島が見どころですよとか教えてもらえたので非常に親切でしたね!

そうそう、実は軍艦島って建築学者からかなり目を向けられているんです!

沈没とか東海とかそういう意味ではないですよ。

軍艦島の中にはコンクリートで作られた最古の建物があるんだそうです。

これは建築学者からも見れば、宝のようなものなんです。

皆さんにわかりやすいように伝えると、子供の頃の一番古い時のビデオテープが出てきた感じといえばわかるでしょうか?

たとえ方がへたくそですみません。(笑)

このコンクリートで作られた建物の年月経過による金属疲労(鉄筋の耐久度がどれくらいなのか)や耐久性を調べることでより良い建物を作ることを目指しているんだそうです。

もしかしたら軍艦島のおかげで地震対策なんかもできたりするのではないかと思います。

気になった方は工学部の建築学科に行ってみて研究するのもいいかもしえませんよ!(笑)
スポンサードリンク



行き方は?

19353bae5639a1f0cdc6ba5870b4dbea_s

行き方なんですけど、島なので車ではいけません。

で行くことができます。

いくつかの観光船プランがあるのですが、私は軍艦島上陸クルーズのブラックダイヤモンドというのにのっていきました。

軍艦島に詳しいおじさんが観光ガイドとしているのですが、説明がうまくて、普段人の話を聞かない私でも聞き入ってしまいました!!!

というのも話し方がうまいんです。

やっぱり人の気になる話し方ってあるんですね。

具体的に話した内容をここで書いてしまいますと今から話を見聞きする方のネタバレにもなってしまいますので軽く触れておく程度にしておきます。

実際にテレビや行って知りたい方もいると思うので後のほうに紹介しておきますね!

上陸できる期間について

e3239975fe55527e6f51d096282e26bb_s

軍艦島には船が動いていれば行けるみたいです。

ですので気を付けなければいけないのは天候です。

海が荒れていれば安全のため出航できません!

できれば晴れている日を狙いましょう!

しかし旅行の予定は早めに立てるものなので、できれば梅雨の時期などは避けたいところですね・・・

特に海の状態はインターネットで確認できるのでいつも確認しておいたほうがいいです。

荒波になって出航すれば危険ですから出航しません。

まあ荒波のときに行ったって天気悪くて観光どころじゃありませんからね。

周りが海で建物がない分風の影響も大きいわけで寿司傘を持って行ってもこうもり傘になったり飛んで行ったりしてしまうかもしれませんよ。

それなら長崎には他にもグラバー園やハウステンボスなどの観光地があるのでそっちのほうも考えたほうがいいです。

他の観光地といえば平和記念像(あ、これは外だった…)だったり、原爆資料館、浦上天主堂など原爆に関するものがあります。

この機会に歴史を勉強するのもいいかもしれませんね!

もしくは外ですが出島だったりいろいろ長崎には観光場所があります。

なのでもし事前予約した後に悪天候っぽさそうだったらすぐに連絡して聞いたほうがいいです!

そして別の計画を立てることをお勧めします!

予約の仕方

fa1f6e6b8e7da5eb17df9c9d07014828_s

いくつかのツアーがあるのでそのHPを調べてもらえばわかるかと思います。

私の場合は、電話予約しました。

値段は上陸料とツアー込みで3900円(税込み)でした。

ちなみに事前に誓約書を記入していくと割引されるみたいです。

私たちはめんどくさかったのでその場で書きましたが。(笑)

結構並んでいますし、人気みたいで席がすぐ埋まってしまいます。

なので早めに受付に行って船に乗ることをお勧めします!

いい席で見る眺めは絶景ですよ!

ほんときれいです!

また船で移動している最中にもガイドで案内がありますので楽しみたい方は早めの乗船をお勧めします!

見どころ

45ed5aeb7a57b52f0d3a1efa06087825_s

見どころはやはり建物なんですけれども、一つレンガの建物があります。

その建物実はその日の気候によってる色が変わるんです!

元々は茶色のレンガなのですが、気候の変化によって白色になったりするんです!

なんでかといいますと、レンガにしみ込んだ塩が出てくるのです!!!

まるで人間の肌のようですね!

また、そのレンガの横に階段のようなものがありますが、少し黒いんです。

それって人の足についた石炭が染みついた跡らしいんです!

そして、山のほうを見ると閉鎖されたトンネルがあります!

このトンネルはベルトコンベアの役割をしていたみたいです。

石炭の発掘所なので石炭を移動させるためにベルトコンベアが必要なのか...かと思っていたのですが違ったんです。

石炭を地下まで潜って掘るのですが、掘るということはいらない石や砂が出てきますよね?

それをもともとは掘っているほうに近い海岸に捨てていたみたいなんです!

しかし埋まってきたので逆の海岸へ捨てるためにベルトコンベアを作ったみたいですね!

あ、もちろん時と場合によって石炭の移動にも使われていたみたいです。

ちなみに軍艦島に上のほうには一つだけきれいな灯台みたいなものがありますが、これは最近つけられたものみたいです。(笑)

スポンサードリンク