大空真弓の若い頃!息子と夫の現在は?がんについても調査!

こんにちはのりたまです!

今回は大空眞弓さんについてお話していこうと思います。

以前テレビで見たときは多重ガンで大変つらい思いをされてきたということを知りました。

息子さんのうち、長男の方は逮捕されてしまったり精神的に疲れてきたこともあったと思います。

こうやって自分より先の世代のことについて調べていると自分の将来と重ねて考えてしまうことが時折あります。

また自分が将来どんなことに気を付けていけばならないかの勉強にもなります。

さて、今回は大空眞弓さんの昔の若い頃についてや夫や長男の今現在、そしてがんの克服生活について調べてまいりました。

ではどうぞ!

スポンサードリンク

若い頃について!

大空眞弓さんは映画「坊ちゃん社員」デビューします。
東京音楽大学に在学しているときにスカウトされました。
これをきっかけに大学を中退して1958年に新東宝で活躍を始めたんです。

その後は東京映画に移籍し、様々な作品で活躍されます。

1964年に「愛と死をみつめて」が大ヒットします。
これをきっかけに人気化出てきたのですね。
私も時間に余裕があったら見てみたいものですね(笑)

また賞の受賞歴もあるんですが、1990年には「人生は、ガタコト列車に乗って……」で第15回菊田一夫演劇賞を受賞されました。
実力派女優なんでしょうか?
一昔の役者さんはメディアも発達していない時代ですから実力派だったんじゃないかなって個人的には思っています。

若い頃の写真を見たのですが、男の子よりも短いショートヘアでした。
当時の役作りのためでしょうか?
結構衝撃を受けました。
ただ普通の人がしないようなことをできたのがデビューや大ヒットになったきっかけなのかもしれませんね。

一度映画を見れば大空眞弓さんの実力も肌身感じて実感できますし時間があったら見てみたいですね。
時代差を感じるかもしれませんが。(笑)

スポンサードリンク

夫や長男の今現在について!

まずは息子の長男さんについてお話ししたいと思います。

長男は中田元博さん。

中田さんは後ほど紹介する元夫の勝呂誉(すぐろ ほまれ)さんとできた子供です。

中田さんは俳優として活躍していた過去もあり、人の目につく仕事をしていたのですが俳優をやめてフリーターとなってしまいます。

その時に助けてくれていたのがお母さんである大空さんでした。

あ、そういえば皆さん大空さんの本名知っていますか?

大空眞弓さんって本名じゃないんですよ。

実は本当の名前は中田佐智子さんなんです。

自分はてっきり本名かと思っていましたけどね。(笑)

さて話を戻します。

その後ストレスやら社会からの圧力に耐えられなくなったからか、薬を所持していることが警察にばれてしまい、現行犯逮捕されてしまいます。

2002年1月5日のことでした。

このことから親である大空さんにも影響してしまうことに。

さらにこの後保釈されますがその数日後にまた同じ容疑で逮捕されてしまうんです。

こんなことって許されてはいけませんよね。

反省しなくてはいけないのに反省どころか同じことを繰り返してしまうとは。

そして懲役2年6か月を言い渡されてしまいます。

ここまで来たらさすがに反省しているだろうとおもっていましたが、さらに調べてみると2008年に9月から10月あたりに薬の使用した疑いから逮捕されてしまったんです。

これには母親からもかなり怒られてしまったようで更生していきたいとおコメントも残していますのでこれからしっかり生きていってほしいですね。

現在の情報は公開されていないので更生生活を送っているんじゃないかと思います。

元夫である勝呂誉さんは今現在76歳。

最近はテレビでも見かけなくなってしまいましたね。

部隊のほうからも遠ざかってしまっていますので余生を楽しもうとしているんじゃないかなって思います。

がんについて

大空さんは58歳の時に左乳房の全摘出手術を受け、左胸を切除されました。

最初に様子がおかしいとわかったのは55歳の時に腫瘍が見つかった時でした。

その時は問題なく、経過を見てからの治療となったのですが、二年半後に悪性となっていました。

それで手術を受けることを決意。

乳がんの摘出手術は女性にとってはかなり精神的にきつい方が多いそうです。

今まであったものがなくなるのに違和感があると、以前なにかの番組でだいたひかるさんがコメントしていたのを覚えています。

全摘出にはメリットがあって、がんの転移リスクが低くなるんです。

そういうこともあったので全摘出を決意したんでしょう。

しかし残念ながらそこから幾度もがんにかかってしまいます。

胃がんに61歳と62歳の時になってしまいます。

こちらも無事に手術は成功しています。

しかし残念ながら63歳の時には食道がんになってしまいます。

この食道がんの時の手術は大変なものだったのです。

なんと三か月という短期間に5回も手術を受けています。

ご高齢者なのによく体力が持ったなと思います。

その後はガンもなく、今のところは普通に生活しているとのことです。

にしてもがん手術を一年に1回は受けてるわけですから体への負担は大きいはずですよね。

これからも健康に過ごしてほしいですね。

スポンサードリンク