ヘッドボイスの出し方やコツについて!感覚や音域についても解説!

こんにちは!

のりたまです!

今回はミドルボイス習得に必須な技であるヘッドボイスに着目していきたいと思います。

ヘッドボイスとは、チェストボイス、ミドルボイス(≒ミックスボイス)のさらに上の音域を歌うために必要になってきますし、ミドルボイスを得るためにもできたほうがいい技です。

そこで今回はヘッドボイスの出し方のコツや感覚について、それとヘッドボイスを使う音域について解説していこうと思います。

ヘッドボイスって何って思われている方のために簡単に説明もしていきたいと思います。

スポンサードリンク

ヘッドボイスとは?

ヘッドボイスとはいわゆるキンキンした裏声をイメージしていただけたらわかりやすいかと思います。

例として挙げますと、ふなっしーやさかなクンの声はヘッドボイスになります。

あれは地声ではなくて実は裏声になるんですよ。

合唱で使う裏声とは違うのがお分かりいただけたかと思います。

ちなみに合唱で使われる裏声はファルセットが多いですね。

息混じりの声です。

ざっくり判定するとしますと

ヘッドボイス:キンキンした芯のある裏声

ファルセット:息もれした力のない霞んだような裏声

ということになります。

なんでキンキンした声になるかっていうと声帯閉鎖がどうのこうのとか共鳴の割合が多いとか理由はありますが、出すときにそんなこと気にしていますと無駄な力みにつながる可能性があるので気にしないでおきましょう。

ヘッドボイスの出し方とコツ

ヘッドボイスを出すためにはまず純粋な裏声が出せるか確かめる必要があります

ファルセットのことです。

ファルセットをきちんと出せななくても出ることにはでますが高音になるにつれて力みが生じて苦しくなってきます。

なぜかといいますと、裏声の筋肉である輪状甲状筋が未発達だからです。

ヘッドボイスは閉鎖筋群(地声成分の要素)と輪状甲状筋どちらも働いていますので普段地声で話している私たちは裏声成分である輪状甲状筋が未発達である可能性が高いのです。

したがってまずはファルセットを出せるか確認してください。

無理に出そうとして喉を傷めてしまうのはとても危険ですからね。

これに関してはYUBAメソッドがとても効果があると思います。

YUBAメソッドの効果はない?ミックスボイスの裏声トレーニングに最適か検証してみた!
こんにちは! のりたまです! 最近ボイトレにはまっていることを以前お話ししましたね! 実は先日、V系バンドのボーカ...

さてここからがヘッドボイスの出し方となります!

ヘッドボイスは裏声に声帯閉鎖を加えることによって出るようになります。

したがってまずは裏声を出してください。

音量は小さくてもかまいません。

そして響きを顔面に持ってきます。

すると芯のある裏声がでます。

これがヘッドボイスですね。

ただこれだけでは説明不足なので練習方法といいますか、コツを書いていきますね。

コツは鼻に声をかけるということです!

鼻に声をかけて歌うと鼻先から声を出すイメージです。

そうするとキンキンした声が出てくると思います。

しかしこれだけではヘッドボイスというよりは気持ち悪い裏声でしかありません。(笑)

なので鼻の響きを鼻の後ろののほうへもっていくことによって丸みを帯びた裏声になります。

このときに頭に振動を感じることができたらヘッドボイスができています!

スポンサードリンク

ヘッドボイスを出している時の感覚と音域について

皆さんが知りたい間隔っていくつかあると思うのでいくつか書いておきます。

・ヘッドボイスを出している時の感覚は喉を絞めていない裏声の感覚です。

・どこから声を出しているかといいますと、私は頭部あたりから出ている感覚です。

・閉鎖している感覚よりも頭蓋骨のどこかに(鼻から頭部にかけての間)響かせているイメージ。

音域についてですが、高いド(hiC)以降の音はヘッドボイスを使うといわれています。

でも歌手ってもっと地声っぽい響きしてない?って思われる方もいるでしょう。

実は私もその一人だったのですが、後々気づいたことがあります。

ミドルボイスとヘッドボイスの間をミックスさせることで地声のような響きのヘッドボイスとなります。

人によって感覚が違うので私が書いた感覚と違うって方もいると思いますが、参考になれば幸いです。

スポンサードリンク