ぺふぺふ病とは何の症状なのか?清水富美加と幸福の科学の関係も調査!

こんにちはのりたまです!

清水富美加さんの突然の芸能界引退によって大変な騒ぎになっていますね。

その理由は幸福の科学の関係が深く関与していて、世のために生きていくために幸福の科学に出家して行くといい、収録途中だった映画やCMなどを無視して芸能界を引退したことに事務所もかんかんになっているそうです。

それはそうですよね。

これまで事務所は投資していたと思いますよ。

それも相当な金額を。

こんな人気のある女優を育ててきた事務所にとっては裏切られたという気持ちが大きいのではないでしょうか?

五月で事務所の契約を満期で終わらせられたからそれでもよかったんじゃないかともw他紙は思います。

清水さんは世のために生きていくといっていますが、清水さんがいなくなったことにショックを受けている人だっているはずですし、清水さんの主演したドラマや映画で救われていた方だっていたはずですよね。

そう考えるとまだ引退すべきではなかったんじゃないかと私は思います。

そんなニュースが飛び交っている中、今度はぺふぺふ病というのが何やら話題になっています。

ぺふぺふ病…

なにやら新しい名前でさっぱりわかりませんね。

ということでこのぺふぺふ病について調べてきました。

ぺふぺふ病とは何なのか?

症状はどうなのか?

そして幸福の科学との関連についても調査してまいりたいと思います!

スポンサードリンク

ぺふぺふ病とは?

ぺふぺふ病というのは清水富美加さんが連載していた「たぎりおにぎり ~清水富美加のふわっふわっな日々~」というエッセイから抜粋されたものと書き下ろしをまとめた「ふみかふみ」の中に存在する造語のようです。

したがって医学的な言葉ではないようなので清水さんが作った言葉なのかと思われています。

もしくは幸福の科学の中で使われているのかもしれません。

症状はどうなのか?

症状としては、感情に浮き沈みがあるわけではないらしく、悩みもないんだそうです。

ただやる気がなく、生きている感覚がないんだそうです。

イライラなどの感情もあるわけではないそうで穏やかな心情でいられるが、何事もなく仕事等が終わり、向上を図れないんだそうです。

つまり何事にも打ち込むことができない心情になっていたんだと思います。

実はこれ、うつ病の症状とそっくりなんです。

というかうつ病の症状とまったくといっていいほど一致しています。

つまり

ぺふぺふ病=うつ病

ということができるのかと思います。

本人にとっての心の状態が効果音で表すところのぺふぺふの状態だったのかと思われます。

ここで実際のうつ病の患者さんのことについて調べてみました。

特徴として病気になる前はハイテンションであったり、いきなり落ち着いたりと気持ちの浮き沈みが激しかった人に見られる割合が多いそうです。

そこで清水富美加さんのオーデションの時の様子に注目してみました。

清水富美加さんはすごく明るくて破天荒な感じにしかはたから見れば思えません。

しかし、裏では言いたいことも言えないまま過ごしてい過かなくてはならなず、ずっと気持ちをため込んでいたのではないかなって思います。

それに幸福の科学が手を差し伸べてくれたから清水さんは今いる事務所よりも幸福の科学が自分の居場所と感じたのではないでしょうか?

スポンサードリンク

幸福の科学とぺふぺふ病の関係は?

幸福の科学とぺふぺふ病の関係はいったい何なんでしょうか?

清水富美加さんが幸福の科学との関連があることはご存知でしょうか?

幸福の科学によると幼少のころから信者であったということが言われています。

しかし幸福の科学側の発言は事実と大きく違う点があると清水富美加さんの元所属事務所が言っていることを考慮すると必ずしもこれが事実ではないということになります。

真実が解き明かされるまでにはまだ時間がかかりそうです。

そして清水富美加さんがぺふぺふ病という言葉を作ったのか、また幸福の科学が作ったのかに関してはわからないです。

先ほど述べましたようにぺふぺふ病という病気は実際には病名としてはなく、作られた言葉ということなんです。

ということはこれから清水さんからまた詳しいことがtwitterで更新されて詳細が明かされるかもしれませんね。

スポンサードリンク