伊東文平と奥田功一(NNNドキュメント)の家族と認知症との向き合い方には工夫があった!

86b47ea8deb6a5e5825a539dfd447e75_s

こんばんは。

最近暑い日々が続いていましたが、今日はかなり寒かったですね。

クーラーをつけずに窓を開けて過ごせるくらい涼しかったです。

今日は高円寺の方で阿波踊りがあったので見てきました。

雨だというのに決行していましたよ。

中央線で向かったのですがかなり混んでいて着くまでに疲れてしまいました。笑

実はこの阿波踊りって結構有名でテレビとかに出ている有名人とかもきているみたいですよ!

Twitterとかみてみるとたくさんの方の書き込みが発見できましたからね。

おじいちゃんおばあさんもかなりの人数が見にきていました。

阿波踊りといえば伝統のあるものなのでどちらかというと私たち若者よりもおじいちゃんおばあさんの方が楽しみにしていたのかもしれませんね!

ちなみに私は初めて阿波踊りを目で見たのですがとても新鮮でいい体験になりました。

道路をあんな広く使って開催するということはかなりの規模なんだなとも思いつつゆったりしてみていました。

高円寺にはたこ焼き屋さんがあったのでそこでたこ焼きを買って立ちながら見ることもできましたし、夜ご飯もその場で食べられたのでよかったです。

ただ帰りがかなり大変でしたよ。

もう駅のホームどころか改札口まで人が溢れかえっていました。

そりゃこれだけ大きなイベントですから当たり前といえば当たり前ですが、来年もし行く機会があったとして帰るときにはもう一つの新高円寺駅から帰ろうかなとも考えました。

新宿まで出るのに多少多めに金額はかかりますがゆったり帰りたいですからね!

新宿まで着く時間もあまり変わりませんからもし行く機会がある方があれば参考にしてくださいね!

ところで今夜もNNNドキュメントは認知症と向き合っている伊東文平さんと奥田功一さんのお話ですね。

認知症なんてまだなる歳じゃないからあまり気にしなくていいやとか考えて甘く見ているといけないなと感じさせられる番組でした。

今回はそんな番組の感想と認知症との向き合い方にはついて私なりに思ったことと調べたことをまとめていきたいと思います。

スポンサードリンク



家族との向き合い方は?

7f418be16ff229275d0670150ea529e0_s

伊東文平さんは妻を認知症で亡くしているんです。

自宅から1キロ離れた場所で見つかったそうなんですが、これは認知症の患者に多い徘徊によることが原因なんだそうです。

それも突然起こったことのようで伊東さんも驚いていました。

いままで徘徊なんてしていなかったのに突然起こってしまったみたいなんです。

伊東さんはこんなことなら家から出られないようにすべきだったと思ったそうです。

しかし、現在認知症の父の介護を行っている奥田功一さんは家から出れないようにするのは本人にとっては監獄のようなものではないか?と語ります。

奥田さんは父親にGPS付きの腕時計をするようにしており、このおかげで徘徊していた父の居場所を把握しているそうです。

なるほどこんな腕時計を使った工夫のしかたもあるんですね。

父は3年の間に30回以上徘徊をしたそうなのですが、そのうち10回は警察に見つけてもらったそうです。

スポンサードリンク



認知症との向き合い方

fb8456015d89b9f35d45c9edaac3544e_s

認知症ってちゃんと調べてみるとかなりの人数がなるみたいです。

今はまだ若いしそんなこと関係ないからいいやと考えるのではなく、もしなったときのことを考えておいたほうがいいと思います。

というのも身内がいつ認知症になるかわからないですからね。

認知症による行方不明の届け出は一年間で1万人を超えるそうです。

これって多いと思いませんか?

きっとこれは認知症とは無縁と思って生活しているからだと思います。

だからと言ってなっているかどうかなんてわからないですよね。

なので年寄りの祖父や祖母なんかには奥田さんのようなGPS付きの腕時計をプレゼントしたりすることも一つの手でありますし、iPhoneやスマホで位置情報を知るという方法もいいと思います。

また象印から「ipot」というメールでポットが使われた日時を知らせるポットなんかもあります。

あ、音楽プレイヤーのiPodではありませんからね!

こういったツールを使いこなすことで少しずつ認知症による危ない出来事が減らせるのではないかなーと感じました。
スポンサードリンク